FC2ブログ
2008.08.22

恐怖の館 その1

今年のお盆休みは京都の丹波山地の山間にある、美山へ行ってきました。
ヨネpの友人の親戚の方が、そちらの方に普段使っていない家を持ってはったんです。
なんにもない田園地帯、近くには川があってのんびりできそう、、
「はい、じゃそこに決まり!」って事で今回は3人+1匹というコンパクトな
人数の旅になりました。

大阪からだと、約2時間ぐらいで距離的にもちょうどいい感じ。
京都縦断道路を出て、しばらく走るともう辺りは田園風景。
ところどころに、川のせせらぎなどがあったりしてなかなかいいやん
途中、かなり細い道の山越えとかありましたがなんとか無事に
その「家」に到着しました。
DSCN2016_convert_20080820171852.jpg
フムフム、たしかに
田んぼに囲まれてる。
懐かしい蛙のゲコゲコが聞こえる。
だだっ広い敷地。
都会と違って、お隣との距離が離れているので庭で打ち上げ花火
をしても大丈夫そう。
と、これは部分だけを取り上げた訳でして、、

の部分と言いますと、
5,60年前に建てられたいうから仕方がないんだけど、
当然、トイレはポッチャンでしかも家の外。
扉はベニヤ板の引き戸でガラガラと開けてみると、くもの巣だらけで
その辺には虫君達がウジョウジョ、、、
しかも、ご丁寧に便器には木のフタがしてありました。
私は、トイレの度にそれをいちいち開けたり閉めたりする勇気がないので
ヨネpに頼んでフタは開けっ放しにしてもらいました。
さて、いよいよお家の中ですが、、
友人←(仮にTと呼ぶ♂)によると15年位前までは親戚一家が住んでいたそう
なんです。
引っ越されてからは、年2回ぐらいお墓参りの時にちょこっと休憩などに
使っているらしんです。

トイレでなんとな~くある予感をしていたんですが、、
家の中は長い間、閉め切っていたせいで湿っぽくてカビ臭い
そして、襖で仕切られた部屋が6つほどあって、
どの部屋にもどんよりとした、重い空気が漂っていました。
ちょっとした、家財道具が残っていて・・・
(例えば、ひびの入った三面鏡とか人形とか)

とにかく、超怖がりな私は玄関に一番近い台所にしか
出入りできませんでした~><:
その台所も凄かったんですけどね。
包丁は錆だらけで使い物にはなれへんし、まな板にも気味の悪いシミがついて
いたりで、、

お風呂は外のトイレに隣接していて、当然 薪で炊かなくてはいけません。
しかーし、浴槽の中もドロドロ。 いつ使ったか分からない石鹸類。
一番近いスーパー銭湯へは1時間位かかる。 ひぇ~~
DSCN2024_convert_20080820172040.jpg

DSCN2015_convert_20080820171735.jpg
せっせと薪でお風呂を炊いているヨネp。左の方がポッチャントイレ。


こうなったらと、私達は恐怖に打ち勝つべく決断したのでした。
今更、帰る訳にも行かず3日間をなんとか過ごせるようにしようと。
3人で手分けをして掃除から始めました。
ヨネpは風呂場を担当。

私はとにかく台所から出れなかったんで。。^^:
情けないのはT。
子供の頃にしか来た事がないと言っても、じいちゃん ばあちゃんが
もともと住んでいた家やのに・・
私より怖がってるんです!
どの部屋に入るにも、私に「一緒に来て」と誘いに来るんです
仕方がないので、怖がり同士の二人で恐る恐る部屋の窓を開けて
空気の入れ替えと掃除機をかけたりしました。
DSCN2009_convert_20080820171306.jpg
ここが台所。
あとは、30分ほどかけて町まで行って1軒しかないというホームセンターで
買物をしてなんとか・・・落ち着きました。

そして、この日はもう夕暮れも迫っていたので近場の川へ。
DSCN2001_convert_20080820173639.jpg

DSCN1998_convert_20080820173015.jpg
ここは結構人も多かったし、水があんまりきれいではありませんでした。
それでも、ムギは気持ちよさそうでした。

DSCN2005_convert_20080820173410.jpg

帰ってから、夕飯になったのですが、、、
忘れてましたよ!もう1匹超ビビリがいるのを、、
ムギちんです。 大抵は、どこに行ってもすぐに慣れて我が物顔になるのに
ここはちょっと違いました。
私達が掃除をしている頃から様子が変だったんですけど。
家の中に入ろうとしなくて、やっと連れて入ってもクゥーンクゥーンって
鳴くんですよ~
特に、(Tが言うには)昔はじいちゃんの部屋だったと思われる部屋に向かって。。
DSCN2033_convert_20080820172449.jpg

仕方がないので、皆外に出て食べる事にしました。
どっちかってーと 私もそっちの方が良かったんで^^:
DSCN2031_convert_20080820172304.jpg

夜はどんどん更けていきました。
DSCN2032_convert_20080820172358.jpg
そして~~~
この時、いきなりゴォンと地響きがして揺れたんです~
大げさではなく、0,001センチぐらいは体がパッと浮き上がったようでした。
何が起こったのかわからなくて3人とも、一瞬凍り付きました
特にTは、今思い出しても吹き出すほど真っ青な顔をしてました
ヨネpの「地震やな~」という掛け声で、私とTは周りを見渡しましたが
ご近所の様子が全くわからない~
まさか、、この家だけに起った事じゃーないよね、、と焦りながら。
DSCN2035_convert_20080820172556.jpg
地震の直後に撮った月。

で、Tがすぐに市内の家族に携帯(奇跡的に電波満タン)で確認したら、
「そんなん知らんで~!」との事
が、しばらくしてTVのテロップに震度4の地震があったと出てると連絡がありました。
あ~よかった

そして、この夜は3人+1匹が川の字になって眠りにつきました
さて、翌日は茅葺きの里で有名な美山へLet's ra Go


スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://0913rickey.blog37.fc2.com/tb.php/55-273037ff
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
なちゅう恐ろしい所へ・・・
チャレンジャーですよーーーーー^^;;
私なら建物見ただけでユーターンします!絶対に

【その1】って事は【その2】へ続くんですよね
【その2】でなんか恐怖体験したとか・・・
お、恐ろしやぁーーー!!!!!!!
Posted by ラーナmama at 2008.08.22 23:13 | 編集
きゃぁ~、こわいぞー (ドキドキ!!)
その2が楽しみだわ~v-12

ムギちん、また何か見たのかぁ?!

それにしても Tさんのご家族・・・・震度4の地震も気がつかないひとびとなのね~。
Posted by アレッサ at 2008.08.23 10:55 | 編集
ラーナmamaさん、

こっわいやろ~~ぉ!(爆
いやーぁ、
私はいつでも帰る準備万端やったんですけどね^^:
どうも、ヨネpはこういうサバイバル好きみたいで・・・i-232

とにかくトイレが、、、
夜中に行きたくなったけど、どうしても一人で行けなくて
ヨネpについて来てもらおうと起こしたら、
ムギまでもが一緒について来てくれてましたョ~
てか、取り残されんのが怖かったんやと思いますv-12
Posted by rickey at 2008.08.23 16:03 | 編集
アレッサさん、

ほんとに冷汗出っ放しですよ~
ムギは何かを見たってよりは、感じていたようですねv-399
私はそんな能力がなくて良かったーとつくづく思いました^^:

Tさんちは、Tをはじめ家族みんながノォーンビリして
はるんですよね~
この家に来る途中、彼の家に寄ったんだけど、
その時、お母さんが「テレビもクーラーもなーんにも
ない所やけど、自然の冷気があるよー」って
笑ってたのよね、、、
それって、肝を冷やすって事やったんかいなv-307v-292
Posted by rickey at 2008.08.23 16:22 | 編集
お久しぶりぶり!ちょっと怖いじょ~(||゚Д゚)ひぃぃッ!(゚Д゚||)
あたしには、絶対無理だわ。トイレの下から手が・・・って子供の時よく思っていた(汗)。
ムギくんが部屋に向かって鳴くって、絶対何かあるよォ~。
もし私が一緒に行っていたら気絶もんかも・・虫も駄目だし~)゚0゚( ひぇ~
Posted by ランスパmama at 2008.08.24 19:48 | 編集
ひぇ―――Σ( ̄◇ ̄*)
なんか怖いゾッ

私も、一人では、トイレ行けなかったかも?
夜は、怖そうだもんね。


ムギちん、きっと何かを察したんだろうね?
何か見たのかも?ギョエ……<(_ _;)>コワイ

ローズも、前に、墓の方を見て吠えてた。(家の斜め前に墓地があります。)
見慣れていても、墓地が側にあるのは、なんか怖いゾッ


ムギちん、川楽しそう。
Posted by アッシュママ at 2008.08.25 09:08 | 編集
ランスパmamaさん、

お久でーす!
そうそう、私も便器の下から手が~~の世代に 
育ったもんだからv-410
トイレの壁に手をつきながら、
できるだけ下を見ないように・・・
余計なものを見ないように・・・
かなりの技がいりましたよ~(^^:

でないと、絶叫マシンも顔負けの悲鳴が
出っ放しでした、、v-393
Posted by rickey at 2008.08.25 13:52 | 編集
アッシュママさん、

ここは、お墓より怖かったで~!

とにかく、敷地内に蔵とか錆びきった農作業の工具が収まった
小屋があるんだけど、電気が付いていないから
夜になると不気味そのもの!
トイレはその前を通って行かなきゃならん、、v-292

肝試しもいいとこやったわ(爆



Posted by rickey at 2008.08.25 14:10 | 編集
うわぁ~怖そぉですね・・・誰も住んでないってところが
より一層怖いです。。。ムギちんは一体何に向かって吠えて
たんやろぉ~!??
この後事件?が起こらなかったんですか??
PART2楽しみにしてまぁすv-10
Posted by ユリウスまま at 2008.08.26 13:10 | 編集
ユリままさん、

へへへ~
そう、
誰も住んでないんだけど、「なんかおる!」っつー
感じですかね、、
このあと、「その2」はもっと悲惨な事に><:
Posted by rickey at 2008.08.26 17:34 | 編集
これ以上悲惨って・・。

結構な怖さ^^;。
おかんの田舎が東北の岩手だけど、トイレに蓋はなかったなぁ~。
蓋って聞いただけでも・・・・・きゃーーー?ぎゃーーー??

冬も怖いけど・・・あけっぱの夏も怖いゎ~><;。
んでも、先祖に感謝の気持ちさえあれば!って私は結構前向きっす(笑)単純なだけだけど^^;
続き楽しみ?にしてますぇ~
Posted by トゥーラママ at 2008.08.29 00:20 | 編集
トゥーラママさん、

トイレの蓋にはビックリやったよー!
開けた瞬間、なんか飛び出てきそうで~
昔の人は普通に開け閉めしてたんやろね。
それが、当時のエチケットかナ?(笑)

ご先祖様を大切にしてたら守ってくれるよねi-229
合掌

Posted by rickey at 2008.08.29 11:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する