--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.30

燃え尽きて・・・

     大好きなブログがあります。

     好きというよりも、尊敬に近いかな。

     ボルゾイのナタリーという

     女の子のブログです。

     オーナーの方の了解を得ていないのでリンク先は

     遠慮させていただきますね。


     ナタリーが骨折をした闘病記が載ってあって

     それはそれはもう、、

     骨折した日から完治するまでの日々を

     毎日毎日細かく丁寧に書いてありました。


     食事も全部手作りで、カロリー計算から

     栄養食など、わたしには到底真似できない

     ものでした。


     読んでいて、

     オーナーの方のナタリーへの慈しむ心、

     愛する心がひしひしと伝わってきて

     感動しました。



     当時、わたしはマティを亡くして

     喪失感で心にぽっかり穴を開けたまま、

     時間が止まったような毎日を

     悶々と過ごしていました。

     そんな時、このブログを見つけました。

     他にもボルゾイを主体にしたブログは

     ありました。

     でも、なんでか、、、、、

     ナタリーにはものすごく惹かれたんです。


     読んでいるうちに、

     まだまだ夢を叶え続けたい!

     もう一度ボルゾイと一緒の人生を送りたい!

     そう思う気持ちが日に日に強くなって

     ムギを迎えることになったという

      経緯があったのです。

     お陰で、わたしの中で少しずつ・・・

     ではなく一挙に時間が動き出したのです。



     それ以降、ずっとブログにお邪魔していました。

     その間に、独身だったオーナーさんも結婚され

     子供さんもできました。

     わたしは、それまで読ませてもらうだけ

     やったけど、

     なんだか長い時の流れを感じ、その時初めて

     何年もの間、読み逃げをしていたお詫びと

     結婚と出産のお祝いをかねてコメントを

     させてもらいました。

    
     それからは、たまにムギのことを報告したり

     しています。

     
     子供さんが生まれてからも、

     ナタリーに寂しい思いをさせないよう

     気を使いながらやさしく見守ってらっしゃいました。


     ここ何年かは、年を重ねていくナタリーへの

     複雑な想いをよく書かれていました。


     そして、今年の2月ナタリーは無事に14才の

     誕生日を迎えました。

     

     が、、、

     その半年後のつい先日8月26日。

     家族に見守られながら天国に旅立ったそうです。

     大往生でした。

     わたしは、、今でも涙がとまりません。。。

     
     超大型犬で14歳というのはほんとに奇跡なのです。
     
     「老犬介護」ということも含め、ナタリーも家族の

     方々もほんとによくがんばられたと思います。

     乳腺癌とも戦い続けました。

     わたしはナタリーのブログで学ぶことがたくさん

     たくさんあったのです。

          

     


     ナッちゃんへ

     あなたに会ったこともなければ触れたことすら

     ありません。
   
     でも、いつもブログの中の

     利発で優しくてお茶目で

     甘えたなあなたを見て

     ものすごく身近に感じてた。

     家族のみんなにもほんとに大事に

     されてたよね。

     あなたはその心に立派に応えてた。

     

     そして、、

     とっても幸せだった14年と6ヶ月という

     あなたにとってはながい一生を終えたね。

     マティより4ヶ月も長生きしたよ。

     よくがんばった! 偉いよ!

          
     遠いお空に行ってもナッちゃんの魂はずっと

     大好きなとうちゃん、かあちゃん、

     いもうと、ネコちゃん、おばあちゃんと

     一緒にいるからね。



     わたしも見習ってムギをぜったいに

     長生きさせるからね。

     いろんなことを教えてくれてありがとう。

     さよなら  ナッちゃん やすらかに。



     


     コメント欄では書ききれない想いが

     あったのでムギのブログで書きました。

     

     9月にはマティ、11月にはウォッカの

     命日を迎えます。

     7年の月日が経った今でも、

     彼らはずっと心の中で一緒にいます。   

     
     ナタリーのご冥福をお祈りします。

     合掌



     

     031_convert_20110827172515.jpg


      

     

    

     
     
     
         
 
スポンサーサイト
Posted at 17:36 | 家族日記 | COM(6) | TB(0) |
2011.08.26

ヤル気の源

   ここにきて、、、

   ちょい壁にぶち当たり、、、、

   何かというと、、、、

   サックス。


   この前、ひとりレッスンで久々にビデオを撮ってみた。

   再生したら、、うっそぉーーー

   これなに???ってぐらいひどかった。。。


   音がひっくり返ったりしてるのはいいとして

   一番大事なリズムに全然のれてない!

   指使いも、両手の小指が思いっきり立ってるやん!!

   コレ最悪

   お酒を飲むとき、小指がピーィンと立ってる人いるよね?

   わたしの中ではあれより・・・

   カッコワルイ・・・

   反省点多すぎ。。


   でも、だからといってここでへこんでてもしゃない!

   ヨネpの提案もあって、ひとりレッスン週二回に増やした


   そしたら今日、いつもは「お疲れさん!」ぐらいしか

   声をかけてくれへんちょっとヘンコなスタジオのマスターが

   「練習日増やしたん?」と聞くのでかくかくしかじかと

   事情を説明したら、

   なんと、、、

   「初めの頃に比べたらちゃんとサックスらしい音出てきてるで!

    ちょっとずつやけど、着実に階段は

    上って行ってるからがんばりや~」って

   励ましてくれた!

   めちゃくちゃうれしかった

   単純バカなわたしは、そんなお世辞だけで断然やる気がでてきた~

   がんばろぉ


   2011-08-25_18_15_05_convert_20110826092532.jpg



      
Posted at 13:04 | 家族日記 | COM(2) | TB(0) |
2011.08.23

届いた。

      ついこの間、日本に初上陸した

      ニューヨーク発のブランドの時計。

      マディソンアベニューにあった

      『time will tell vintage』

      という(1990年に閉店)お店の

      オーナーがデザインしたものらしい。

      
      今年の5月に阪急梅田本店で

      NYフェアーをやっていて

      その時見つけてずぅ~っと気になって

      たんやけど、

      当時はまだ日本では販売されてなくて。。

      そこでこの間、愛花ファミリーが

      帰ってきた時に愛花のママに聞いてみたら

      アメリカのHPを探してくれて

      そこから直買いしたんやけど・・・

      この1ヶ月ぐらいで東京のブティックや

      日本のwebサイトでも買えるようになったみたい

      価格も送料を入れてもこちらで購入するのと

      ほとんど変われへんかったし。


      ただ、カラーバリエーションが20種類以上
      
      あって、今のところこっちに

      入荷してる種類は少ないみたいです。


   b0180329_19123068.jpg


   b0180329_19123112.jpg

       これはほんの一部で、

       ベルトがべっ甲ってのもあったな。

       



       ポップな色合いが多かった中で

       わたしはちょっとシックな

       大人っぽい色をチョイス


   003_convert_20110820123523.jpg

   
       ブレスレットのような感覚で

       軽くつけていられるのがいい!


       ヴィンテージな感じと今風なモダンなデザインが

       妙にマッチしておもしろい!

       今、すんごく気に入ってマス!!

   
   
  

Posted at 14:37 | 家族日記 | COM(6) | TB(0) |
2011.08.18

リハーサルな旅

       お盆休みは、前からやってみたかった

       行き当たりばったりの旅に出ました。

       コースは和歌山県~奈良県~三重県と

       紀伊半島めぐりで、海あり山あり川あり。

       ペットと泊まれる旅館にもいろいろと

       限界があったりしてちょっと飽きてたし

       泊まるところは予約しませんでした。

       テントと寝袋だけを車に持ち込みました。


       なんせこの暑さやから、ムギの様子を

       見ながら何かのアクシデントが発生したら

       すぐに帰阪するというこで出発しました。

       ちょっと不安もあったけど、お天気にも恵まれ

       楽しい旅になりました。


       

       初日は、山側から奈良県の十津川村を抜けて
  
       和歌山県龍神温泉方行に向かい川辺を探しました。

       うまい具合にテントを張るのに抜群の場所が見つかりラッキ~

       まん前が川だったんで、ムギは好き放題に

       my Bathのように入水して涼をとっていました

       012_convert_20110816131650.jpg

       001_convert_20110816131258.jpg



       大人数のキャンプとは違って、我家だけやと

       設置も簡単!

       002_convert_20110816131512.jpg

       なが~い夜の始まり~

       008_convert_20110816131609.jpg
       
       

       翌日は世界遺産熊野古道の海沿いを走りながら

       三重県を目指す       

       020_convert_20110816135752.jpg
       
       さすがに、、きれい

       034_convert_20110816132040.jpg

 
       途中で子供の頃、遠足で来て以来の

       那智の滝にも寄ってみた。

       027_convert_20110816131949.jpg
    


       そして、熊野灘の海辺へ。

       036_convert_20110816132348.jpg

       このあと、海に潜ってしまったヨネpを探して

       深いところまでいってしまい、初めて泳いだムギ。

       というか、泳がざるおえへんかった訳で溺れてるに

       近かった


       怖かったようで慌ててあがってきた~

       038_convert_20110816143036.jpg

       007_convert_20110816131402.jpg



       この日は、志摩スペイン村のパルケエスパーニャの温泉に入ってから        
       
       地元の人に教えてもらった店で、活魚料理をたらふく

       食べて鵜方の駅前で車を止めて車泊でした

       

       そして、翌日は最終目的の場所。

       うまいお肉を求めて三重県松阪へ。

       ここで暮らしている友達に連絡をとったら

       家族で宮川清流(鮎・あまご釣りもできる)に

       行ってるということで我家も合流。
       

       041_convert_20110816132451.jpg

       そしてこの直後、流れが速かったのを

       おもしろがって泳いだら・・・・完全に水に飲み込まれ・・・

       水中アクロバットを披露するはめに

       042_convert_20110816132551.jpg

       ムギと友達の子供が流されていくわたしを呆然と見送ってますナ




       こうしてたっぷり三日間、だいぶと山道もあったけど    

       約1000~1200キロの旅を無事終えました。

       心配していたムギも思っていたより逞しかったし♪

       まぁ、大好きな川や海が満載やったから満足したやろ 

       なつかしい友達家族とも会えたし楽しかった~

       こういうちょっとしたサバイバル旅もいいもんです!

       元々来年あたりに、こんな感じで四国一周しようと

       計画していて、今回はその予行演習みたいなもんでした。

       四国一周と紀伊半島ではスケールが違いすぎるがな!!

       と、言う声も聞こえてきそうやけど

       どうにかこうにか行けそうかな?って

       調子にのっているムギ家でございます♪


       049_convert_20110816171053.jpg

             

           
       
Posted at 00:26 | 家族日記 | COM(8) | TB(0) |
2011.08.16

灯。

    もうこの時期?

    四天王寺さんの万灯供養。

    001_convert_20110816201508.jpg        
    
    最終日になんとか間に合いました。
    004_convert_20110816201602.jpg


    たくさんの人がいろんな想いを込めてローソクの灯が

    燃え尽きるのを眺めています。

    とくに今年は、東日本の震災があったんで弔う気持ちにも

    強いモンがあります。。


    いつものように、ウォッカとマティのローソクも

    灯したよ~


    また、来年も帰っておいで~


    002_convert_20110816201533.jpg



    

    

    


Posted at 20:34 | 家族日記 | COM(0) | TB(0) |
2011.08.10

密かなる休息場。

    自分の好きなことの中のひとつに図書館で過ごすこと。

    
    があります。


    実はあんまり人には知られてないねんけど


    きっかけは、何年か前のこういう夏の暑い日に


    たまたま通りかかった図書館。


    ただ単に、中に入って涼もうでした。


    平日の昼間だったという事もあって、人も少なくひっそり


    してました。


    適度にひんやりしていて、聞こえてくるのは


    本のページをめくる音と、控えめな咳払いと、


    やさしく椅子を引く音ぐらいで


    なんとも、、、居心地よすぎ


    漂う空気も、学校の図書室を思い出したりして


    もんのすごぉく、心が落ち着く。


    それ以来、ちょっとしんどいなって思ったり

    
    イラついたりしたらここに浸りに来るようになった訳です。


    




    ここにいて、もうひとつ楽しいことは


    日頃、本屋では見ることがないような本をゆっくりと

  
    探せること。


    


    
    そこでちょっと、話は飛ぶけど。。


    ボルゾイという犬種はいろんな風にたとえられます。


    一番多いのが、馬。あとは、アリクイ、ラクダ等々。

   
    でも、わたしの中では一番ぴったりくるのが竜。


    以前、たまたまテレビでこのリーフィー・シードラゴンが


    優雅に泳いでいるのを見たとき、これやぁ~!


    これぞ水中のボルゾイや~と思ったのでした。


       
    
    たしか、ネバーエンディングストーリーのファルコンも竜。


    これは絵本コーナーで見つけたモノ。


    「エルマーのぼうけん」。


    acbb18c9.jpg

     
    
    エルマーという名の少年が、いじわるな動物達にいじめられている

  
    可哀想な竜を助けに冒険にでるという物語で


    竜の名前はボリスなんやけど、そのボリスの絵が


    なんとも可愛いボルゾイキャラに見えてしゃぁーない


    で、ムギの兄弟エルマー君。


    わたしは最初、エルマー君はこの絵本が名前の由来だと


    勝手に思ってたほど。


   (実際はエルマーパパさんが大好きな由緒あるバーボンの名前でしたが)



    こんなことをしながら、こっそりと自分だけで楽しめる図書館。


    わたしにとってはちょっとした秘密の遊び場所ですな~   


    
Posted at 15:08 | 家族日記 | COM(2) | TB(0) |
2011.08.05

急性膵炎。

     もう一ヶ月ほど前になるけど、ヨネpが入院してました。

     病名はタイトルそのまま急性膵炎です。

     最近では、チュートリアルの福田さんも

     これで激やせしてましたよね。

     原因はヨネpの場合、家族性による中性脂肪数値異常と

     やっぱり、アルコール。



     普通じゃない腹痛と背中痛があって、例のお抱え医師のところに

     駆け込んだら「アンタ、これはうちでは診れるレベルちゃう!

     すぐに大きな病院で緊急検査や!」と言われ、

     紹介してもらった総合病院へ。

     そして、検査の結果そのまま即行入院となったわけです。


     その日から丸々、一週間絶飲絶食、絶対安静の軟禁生活が

     始まったのです。

     点滴のおかげで、痛みは治まって体は楽になったものの

     その分、何も口にできないストレスと退屈さで

     相当辛かったようです。
    
002_convert_20110723115828.jpg

      
     「腹減った」だの「ビール飲みたい」だの「退屈」

     だの「寝られへん」だのの愚痴メールが

     一日に何十通もくるしで、なんせ急な入院やったせいで

     いろんな事がわたし一人の腕にのしかかってきて

     こっちはこっちで違うストレスが溜まりましたワィ

     ま、病院が近かったんですぐに顔を出せたから

     助かったけど・・・。

002_convert_20110803092644.jpg

     病院の玄関までやったらと出てもいいと 

     許可が出て一週間ぶりにシャバの空気を吸う。

     それでも、15分間だけというプチプチ外出許可

    
     幸い、今回は軽症で済んで二週間ほどで退院できたけど

     大変なんはこれから。。

     まず、絶対お酒は禁物。食べ物もかなり制限されました。

     次なったら、慢性化して肝臓がんや糖尿病になる確率が

     高くなると担当医にダメ押しされたんが

     よっぽど効いたのか、入院生活に懲りたのか、

     どーにかこーにか、ノンアルコールでがんばっているヨネpです。



              これ、けっこうイケまふ~
030_convert_20110728150644.jpg


     


     
Posted at 00:13 | 家族日記 | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。