--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.29

恐怖の館 その2

PCの故障があって延び延びになってましたが早速続きを。。

これを怪奇現象と言うのかどうかわからないけど、
不思議な体験をしました。

滞在2日目にやかんが見当たらない事に気づいたんです。
その日の朝までコーヒーを作るのに使っていたので正確にはその日の夜です。
Tが、夜食のカップ麺を作るのに「やかんがない!」と騒いでいましたから。
ま、そんな事どうでも良かったんで私は気にも留めていませんでした。

翌日、(最後の日)Tは午後から予定があると言うし、私もできるだけ早く撤退したかったので早起きをして掃除を始めました。
ヨネpは外回り。
Tはムギが掃除の邪魔をしないように庭で見張り役。
で、私は部屋に掃除機をかける。

さすがに、3日目ともなると少しは慣れてきてあんまり恐怖とかは
感じなくなっていました。
でも、例の三面鏡と人形のあった部屋だけはちょっと腰が引けましたが、、
さすがのヨネpでさえ、寄り付きませんでしたからね。

が、そんな事も言ってられないんで思い切って襖を開けました。
朝だというのに薄暗く この部屋にだけ別の時間が流れているようでした。
なんとなく見渡すとあるモノが目に入りました。
やかんです。
三面鏡の上にちょこんと乗っていました。「!!??」

一瞬のうちに、ちっこい脳みそをフル回転させて考えました。
私達の中の誰かがこの部屋に入る事はまず、ない。
入ったとしても、なぜやかん
しかも、ひび割れた三面鏡の上におく意味があるのか。
ムギ? 絶対にありえない!
じゃ、誰が?? 次の瞬間、鳥肌がたって思わず襖を閉めて
掃除機をその辺に放り投げて玄関から飛び出しました。・・ 
外では、平和そうにTがムギに遊ばれていました。

私は、今見た事を言葉にしてしまうのが怖かったので誰にも何も言わず、
部屋の掃除はうまく誤摩化してなんとかその場を乗り越えました。
そして、すべての後始末を終えて「家」から撤退しました。

あとで、二人にあの部屋に入ってないか何気なく確かめたんですが
やはり返事は「ノー」でした。
なんだったんでしょうね~
しかもなんでやかんやったんか、、
この事は今度Tがうちに泊まりにきた時に思いっきり脚色をして
話してやろうと密かに企てているんですがネ^^

この「家」に興味を持たれたお方がいらしたら、是非次回ご一緒しましょう!
もちろん、私は案内をするだけで滞在はしませんが、、、

う~~、乗り移られたヤツおった~
DSCN2112_convert_20080827162001.jpg



スポンサーサイト
Posted at 13:47 | 家族日記 | COM(8) | TB(0) |
2008.08.27

あぁぁぁ~

ぎょえ~~、ただ今落ち込み中
PCが突然壊れて、データーを失いました
前回の記事をupした翌朝、
いつものように電源を入れたらなんかおかしい
全然立ち上がらなくて、しばらくしたらフォルダーマークの中に?が点滅
した場面が出てきて何をしても動かない!
要するに、フォルダーを読めないって事?

すぐにPCの師匠に連絡をしてあれやこれやと、試してみたけど結局
師匠もギブアップでサポートセンターへ。
そこでも、30分ほどかけて指示通りにいろんな作業をしましたが、、
「この作業で最終的にこの場面が出て来ないとなると、本体をお預かりしての
修理になります」と空しい一言。
DSCN2119_convert_20080827122616.jpg

DSCN2121_convert_20080827122815.jpg
修理はこれで2度目になるんですよね。
機種はiMacで、買ったのは2年前でした。
買って2ケ月目、使用中に急に画面が落ちて勝手にシャットダウンしてそれっきり。
その時は、サポートセンターの指示のミスでデーターを全部失いました。
まだ、2ケ月ほどだったのでそんなには入ってなかったんですけど、
それでも言えるだけの文句は言って新品に交換してもらいました。

そして、今回。
あれ以来、できるだけこまめにデーター保存していたけれども、
だんだんと放ったらかし状態になってしまい•••

でも、普通に使っているのにこんなに致命的な故障はしょっちゅうするもんだろうか??
確かに、車でも新車で買ったのにいきなりつぶれる事とかありますけどね、、
相手は機械ですから。
とにかく、今回はデーターを残せるよういろいろ努力はしたんだけど
だめでした。
何より、サポートセンターのお方達は丁寧なだけで機械よりも
機械的で融通も何も聞いてはくれなくて冷たいもんでした。
修理に出す時、ヨネpが本体に「できるだけデーターを残してもらえますようお願いします。
思い出の写真がはいっています」とエンジニアの方宛にメモを貼っておいたん
ですが。
修理報告書と共にそのままビーニールの袋に入って帰ってきました。
会社で個人的なコメント等してはいけないと、決められているのかも
しれないけれど、せめて「努力はしたけれど、残念ながら残せませんでした」
とかなんとか答えていてくれれば少しは気分もマシだったんですけどね。

なんか、ものすごい落とし物をしてしまったような気持ちです。。
でも、これをきっかけに気を引き締めて参ります

てー事で、「恐怖の館 その2」は画像なしになりますが後ほどupしまーす!

Posted at 14:00 | 家族日記 | COM(8) | TB(0) |
2008.08.22

恐怖の館 その1

今年のお盆休みは京都の丹波山地の山間にある、美山へ行ってきました。
ヨネpの友人の親戚の方が、そちらの方に普段使っていない家を持ってはったんです。
なんにもない田園地帯、近くには川があってのんびりできそう、、
「はい、じゃそこに決まり!」って事で今回は3人+1匹というコンパクトな
人数の旅になりました。

大阪からだと、約2時間ぐらいで距離的にもちょうどいい感じ。
京都縦断道路を出て、しばらく走るともう辺りは田園風景。
ところどころに、川のせせらぎなどがあったりしてなかなかいいやん
途中、かなり細い道の山越えとかありましたがなんとか無事に
その「家」に到着しました。
DSCN2016_convert_20080820171852.jpg
フムフム、たしかに
田んぼに囲まれてる。
懐かしい蛙のゲコゲコが聞こえる。
だだっ広い敷地。
都会と違って、お隣との距離が離れているので庭で打ち上げ花火
をしても大丈夫そう。
と、これは部分だけを取り上げた訳でして、、

の部分と言いますと、
5,60年前に建てられたいうから仕方がないんだけど、
当然、トイレはポッチャンでしかも家の外。
扉はベニヤ板の引き戸でガラガラと開けてみると、くもの巣だらけで
その辺には虫君達がウジョウジョ、、、
しかも、ご丁寧に便器には木のフタがしてありました。
私は、トイレの度にそれをいちいち開けたり閉めたりする勇気がないので
ヨネpに頼んでフタは開けっ放しにしてもらいました。
さて、いよいよお家の中ですが、、
友人←(仮にTと呼ぶ♂)によると15年位前までは親戚一家が住んでいたそう
なんです。
引っ越されてからは、年2回ぐらいお墓参りの時にちょこっと休憩などに
使っているらしんです。

トイレでなんとな~くある予感をしていたんですが、、
家の中は長い間、閉め切っていたせいで湿っぽくてカビ臭い
そして、襖で仕切られた部屋が6つほどあって、
どの部屋にもどんよりとした、重い空気が漂っていました。
ちょっとした、家財道具が残っていて・・・
(例えば、ひびの入った三面鏡とか人形とか)

とにかく、超怖がりな私は玄関に一番近い台所にしか
出入りできませんでした~><:
その台所も凄かったんですけどね。
包丁は錆だらけで使い物にはなれへんし、まな板にも気味の悪いシミがついて
いたりで、、

お風呂は外のトイレに隣接していて、当然 薪で炊かなくてはいけません。
しかーし、浴槽の中もドロドロ。 いつ使ったか分からない石鹸類。
一番近いスーパー銭湯へは1時間位かかる。 ひぇ~~
DSCN2024_convert_20080820172040.jpg

DSCN2015_convert_20080820171735.jpg
せっせと薪でお風呂を炊いているヨネp。左の方がポッチャントイレ。


こうなったらと、私達は恐怖に打ち勝つべく決断したのでした。
今更、帰る訳にも行かず3日間をなんとか過ごせるようにしようと。
3人で手分けをして掃除から始めました。
ヨネpは風呂場を担当。

私はとにかく台所から出れなかったんで。。^^:
情けないのはT。
子供の頃にしか来た事がないと言っても、じいちゃん ばあちゃんが
もともと住んでいた家やのに・・
私より怖がってるんです!
どの部屋に入るにも、私に「一緒に来て」と誘いに来るんです
仕方がないので、怖がり同士の二人で恐る恐る部屋の窓を開けて
空気の入れ替えと掃除機をかけたりしました。
DSCN2009_convert_20080820171306.jpg
ここが台所。
あとは、30分ほどかけて町まで行って1軒しかないというホームセンターで
買物をしてなんとか・・・落ち着きました。

そして、この日はもう夕暮れも迫っていたので近場の川へ。
DSCN2001_convert_20080820173639.jpg

DSCN1998_convert_20080820173015.jpg
ここは結構人も多かったし、水があんまりきれいではありませんでした。
それでも、ムギは気持ちよさそうでした。

DSCN2005_convert_20080820173410.jpg

帰ってから、夕飯になったのですが、、、
忘れてましたよ!もう1匹超ビビリがいるのを、、
ムギちんです。 大抵は、どこに行ってもすぐに慣れて我が物顔になるのに
ここはちょっと違いました。
私達が掃除をしている頃から様子が変だったんですけど。
家の中に入ろうとしなくて、やっと連れて入ってもクゥーンクゥーンって
鳴くんですよ~
特に、(Tが言うには)昔はじいちゃんの部屋だったと思われる部屋に向かって。。
DSCN2033_convert_20080820172449.jpg

仕方がないので、皆外に出て食べる事にしました。
どっちかってーと 私もそっちの方が良かったんで^^:
DSCN2031_convert_20080820172304.jpg

夜はどんどん更けていきました。
DSCN2032_convert_20080820172358.jpg
そして~~~
この時、いきなりゴォンと地響きがして揺れたんです~
大げさではなく、0,001センチぐらいは体がパッと浮き上がったようでした。
何が起こったのかわからなくて3人とも、一瞬凍り付きました
特にTは、今思い出しても吹き出すほど真っ青な顔をしてました
ヨネpの「地震やな~」という掛け声で、私とTは周りを見渡しましたが
ご近所の様子が全くわからない~
まさか、、この家だけに起った事じゃーないよね、、と焦りながら。
DSCN2035_convert_20080820172556.jpg
地震の直後に撮った月。

で、Tがすぐに市内の家族に携帯(奇跡的に電波満タン)で確認したら、
「そんなん知らんで~!」との事
が、しばらくしてTVのテロップに震度4の地震があったと出てると連絡がありました。
あ~よかった

そして、この夜は3人+1匹が川の字になって眠りにつきました
さて、翌日は茅葺きの里で有名な美山へLet's ra Go



Posted at 10:20 | 家族日記 | COM(12) | TB(0) |
2008.08.16

万灯供養

お久しゅうございます!
オリンピックが始まったりお盆に遊びまくったりで更新をサボってしまった!

それでは早速、再開致します。。

毎年8月9日~16日まで四天王寺さんで先祖供養のために万灯供養が行われます。
ご霊名の書かれた約一万本のローソクが灯されるんですがちょっと神秘的な
雰囲気になります。
DSCN1970_convert_20080815180540.jpg

DSCN1981_convert_20080815180939.jpg

DSCN1978_convert_20080815180810.jpg

近くに住んでいながらこの行事を知ったのは四年ぐらい前の事でした。
(^^:
それからは毎年、ちゃんとお参りしています。

これはウォッカとマティのローソクです。
DSCN1982_convert_20080815181041.jpg

いつも大ボケをかましている私もこの時ばかりは神妙になります。。
DSCN1983_convert_20080815181508.jpg
こうして、夕方から数回に分けて般若心経の読経を唱えながら僧侶が伽藍内を
練り歩きます。
DSCN1987_convert_20080815181218.jpg

お盆と言えば、、
ちょっと思い出す事があります。

昨年の今頃です。
朝のご飯を食べさせている時に、ムギが急にギャインギャインと鳴いて
食べるのを辞めて自分の寝床に逃げ込んだり、クゥーンクゥーンと鳴きながら
私に体を寄せてきたりちょっと様子がおかしくなったんです。
病院でいろいろな検査をしてもらっても異状なし。

見ていると、どうも何かに怯えているようなんですよね
で、思い付いたのはあの世から帰って来ているウォッカとマティが
ムギに挨拶がてらいろいろと悪戯をしてるんではないか
ビビリンなムギはそれを怖がっている、、
(ムギにとっては我家に来て初めてのお盆でしたから)

そんな事を、真剣に考えている私の方が怖い、、かもしれませんがね
しかーし、同じ事を思っていたヤツがもう一人いたんですよね~
何を隠そうヨネp!

彼は、絶対そうに違いない!と決めつけていたみたいで一生懸命
彼等の祭壇を掃除したり、遺影に向かって話しかけたりしてましたから
幸い、ムギはそれ以降何もなく落ち着いたんですけど。。

何日かして、予防注射か何かで獣医さんに行った時 先生に
「あれ以来、ムギ君はどうですか?」と聞かれたんで、
私とヨネpの意見を笑い話として言いました。
すると、先生は真剣な顔つきで「こういう職業の僕が言うのも変なんですけど
そう言う事って、あるかもしれませんね~、
ちゃんと成仏できたから、帰って来てるんですよ~ ムギ君にとっては
ちょっと恐い経験になってしもたけどな~ 
良かったなー お兄ちゃん達見守ってくれてるでー」と
ムギの頭を撫でてくれました。
その瞬間、ちょっと胸がキュンとなったのを先生に見破られない様に
するの、、大変でした^^:

今年はもう慣れたのか、、ご機嫌な様子の田子作ムギです! ヘイヘイホ~♪
DSCN1903_convert_20080816094908.jpg

Posted at 10:20 | 家族日記 | COM(10) | TB(0) |
2008.08.03

特徴

これはブリーダーさんの仔犬販売で掲載されていた時のムギの写真です。
記念にと、こっそり保存しておきました^^:
0339-01.jpg
この反り返った目に魅了されてしまったのです

成長した今でも、たまにこんな目をします。
IMG_7923_convert_20080727162225.jpg

IMG_7922_convert_20080803095949.jpg


ムギの特徴は、嬉しさや楽しさを体では思いっきり表現してるのに
顔はまじめーなまま、、
これだって、プールに浸かって気持ちんよかーって言ってるはずやのにナ~
なーんか、ポォーッとしてる。。
IMG_7929_convert_20080727170345.jpg

IMG_7926_convert_20080727170234.jpg
この目にずっとストーカーされてるんですよ、うひひひ~

Posted at 10:20 | 家族日記 | COM(10) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。